BLOG

No.48 理想の組織

2019/05/26

上意下達ばかりの組織では現場に不満がたまるでしょう。
下意上達が起きてばかりでは組織の一貫性が疑われます。
偏りすぎてはいけませんが意志がなくては意味もない。
両方バランスよく取り入れて、ということなのですが
具体的にどうすればよいのか、となると難しい。
一つ言えるのは、組織全体として同じ方を向いていること。
同じビジョンを描いていること。
これができていれば、その組織は強いですね。
最終的にどこに向かうべきなのか、何を目指すべきなのか、
それを全員が自分の言葉で納得できているとすれば
もはや誰が何を指示する必要もなく、
組織は目的に向かって突き進むでしょう。


#B面はこちら