BLOG

No.220 どこを見ていますか?

2019/11/14

仕事とは、誰かのために何かを提供するものであるはずです。
それは組織の中にあっても同じことです。
その相手は社外のクライアントかもしれないし、
不特定のカスタマーかもしれないし、
社内の他の部署の人達かもしれないし、
隣の席にいる人かもしれません。
いずれにしても「〇〇さんのために」と思って仕事をする、
これがあるべき姿であるはずです。
しかし時々、ここが曖昧になっているようなケースに遭います。
誰のためなのかよくわからずただ諾々としていたり
考えるべき相手を取り違えていたりするのです。
特に組織で仕事をしている場合、考えるべき相手は、
上司やリーダーでも、他部署の担当者でもないでしょう。
本当に喜んでもらいたい相手は誰なのか、
閒違った方向を見ていないか、
組織の中で、視点が統一されているかどうか、
あらためて振り返ってみてはどうでしょうか。


#B面はこちら