BLOG

No.447 すぐれた判断のために

2020/06/28

よりよい判断をするためには
そのための基準を持っていなければなりませんね。
常に自分なりの判断基準を研ぎ澄まし、手入れし、
磨き続けておく必要があるのでしょう。
これがぼやけたり、緩んだり、錆びたりカビたり、
霞んだり濁ったり澱んだり鈍ったりしてしまうと、
判断に迷ったり悩んだり手こずったりして、
納得のいく決断ができない状態になるのです。


B面はこちら