BLOG

No.622 情報は構造

2020/12/20

モノを構造で捉えるためには、
「容れ物」と「中身」を意識する必要があります。
と言うと簡単そうに聞こえるかもしれませんが、
どこが容れ物でどこが中身なのか、
どこからどこまでが一つの構造なのか、
どこでどうつながっているのか、
それを明確にするこのはなかなか面倒です。
とくに「情報」の捉え方は要注意です。
容れ物が刻々と変換したり、
中身と容れ物が入れ換わったり、
他の構造と合体したりと、
実体を激しく展開させていくからです。


B面はこちら