BLOG

No.756 先端と全体

2021/05/03

物事は「端」で起こるものですが、
そこだけで終ってはいけない。
それは異端であり極端です。
端緒から端然を目指すことが大事です。
そうしてはじめて端麗と言えるはずです。


B面はこちら