BLOG

No.834 無限と有限

2021/07/20

落語は余計なものを使わないから無限の世界を描く。
俳句は最小限の言葉で宇宙万物を語る。
無とは何もないのでなく限りがないのである。


B面はこちら