BLOGブログ

ITコンサルで様々な企業様をサポートしている当社代表のブログです

中小企業様向けIT活用のヒントを日替わりで綴っています

ITコンサルで様々な企業様へのサポートを行っている株式会社スパイラル研究所では、ITに関する様々な考え方やヒントをお客様に共有するためのブログを開設しております。これまでの業務経験および日々のコンサルから得られる教訓や成功談失敗談などをもとにした記事を掲載しておりますのでぜひご参考ください。
コンサルティングを初めてご利用いただくお客様でも安心してご依頼いただけるようにサービスの向上に努めていますので、お悩みや疑問などをお持ちであれば、ITコンサルを通して企業様のサポートを行う株式会社スパイラル研究所まで、まずはご相談ください。

  • No.737 同じ月を見ていても

    2021/04/14
    ものの見方はいろいろです。 正対して見ているか。 斜めに見ているか。 間近に見ているか。 遠巻きに見ているか。 鏡ごしに見ているか。 媒体を通して見ているか。 見ている方向が同じでも、 認識は違うかもしれません。 B面はこちら
  • No.736 その常識は正しいか

    2021/04/13
    普段自分が正しいと信じていることを疑ってみる。 これは本当に正しいことなのか。 誰もが一様にそう思っていることなのか。 おそらくたいていのことが怪しく感じられるはずです。 B面はこちら
  • No.735 意思がズレる時

    2021/04/12
    コンピュータの通信にプロトコルが必要なように、 人のコミュニケーションにも規範・基盤が必要です。 共通の言語、共通の媒体、共通の前提など、 話者が同じ土台にいなければ意思はズレるでしょう。 B面はこちら
  • No.734 情報・情況・状況

    2021/04/11
    「状況」と「情況」は同じ意味だとされていますが、 前者は外面的なもの、後者は内面的なもの、 と考えると面白そうです。 外面的な状況が「情報」として人に伝わると、 内面的な情況が生まれるのかもしれません。 B面はこちら
  • No.733 情報のヴェイル

    2021/04/10
    情報は無垢でいることはほぼありません。 容れ物に入っていたり衣裳を纏っていたり、 変装していたり擬装していたりします。 どのような状態になっているかを見極めないと、 勘違いや早合点や誤解が生まれます。 B面はこちら
  • No.732 終着点とは

    2021/04/09
    掃除は片付けの終着点ではありません。 むしろ出発点と考えた方がよさそうです。 これから散らかるわけですから。 B面はこちら
  • No.731 画一的な順応性

    2021/04/08
    言動に一貫性がないといやがられそうですが、 常に画一化したことしか認めないのもダメでしょう。 臨機応変と頑固一徹を適宜使い分けなくては。 B面はこちら
  • No.730 あきらめは悪か

    2021/04/07
    あきらめない気持ちが大事だといいます。 あきらめが肝心だともいいます。 どちらが正しいかは場合によるのでしょうが、 ひとつ言えるのは、 「あきらめを前提にするのはおかしい」 ということでしょう。 B面はこちら
  • No.729 情報の地勢図を描く

    2021/04/06
    スケジュールは時間の配置を考えることですが、 それと同じように、空間の配置も常に意識すべきです。 情報の移り変わりを押さえるのと同時に、 情報の位置関係を押さえることが大事です。 B面はこちら
  • No.728 問題解決パターン

    2021/04/05
    実施したことに問題が生じたら、 問題が起きないような実施方法を考えるか、 問題が起きても影響が出ないようにしておくか、 そんなことを実施しなくても済むようにするか、 だいたいこの3つの選択肢が考えられます。 問題はどこにどれぐらい情熱をかけて考えるかです。 B面はこちら
  • No.727 2つの処理方法

    2021/04/04
    全件処理か、差分処理かで考える。 すべてひっくるめてくまなく対応するか。 必要なものだけを見抜いて個別に対処するか。 コンピュータならどちらかしかできない。 人間はどうか。 B面はこちら
  • No.726 情報の見た目

    2021/04/03
    情報は何らかの容れ物に入っています。 容れ物だけ確認して中身を見落としたり、 外見に気を取られて内実を見失ってはならない。 B面はこちら
  • No.725 他に頼るべきか

    2021/04/02
    自分のことは自分でやれとは言うけれど、 すべてを自分の中で完結する必要はないはずです。 頼れるものはうまく頼ることが大事です。 問題は最後に責任を取る覚悟でしょう。 B面はこちら
  • No.724 設計図のないものづくり

    2021/04/01
    設計をしなくても物を作ることはできるかもしれませんが、 そうやって作ったものはどこかで破綻する可能性が大きい。 B面はこちら
  • No.723 見たあとに跳べ

    2021/03/31
    見えているだけでは見たことにならない。 見ているだけでは理解したことにならない。 理解しただけでは行動したことにならない。 行動しているだけでは身に着けたことにならない。 B面はこちら
  • No.722 絶対的な指標

    2021/03/30
    絶対的な指標など、ないと思った方がよさそうです。 時間だって辞書だってお金だって国家だって自分だって、 決して絶対ではないですしね。 B面はこちら
  • No.721 何をどうしたいのか

    2021/03/29
    方法を選ぶのに行き詰ったら、 目的に立ち返ってみます。 どうやってやろうかを悩む前に、 何をしたかったのか見直してみます。 B面はこちら
  • No.720 人もシステムも

    2021/03/28
    人もシステムです。 インプットがあり、アウトプットがあります。 情報を処理して情報を生みます。 他のシステムと情報を連携します。 繋がり方がおかしい場合は 誤った結果に繋がります。 B面はこちら
  • No.719 課題と対策

    2021/03/27
    課題を解決するより難しいのは、 課題を見つけることです。 対策を実施するより難しいのは、 対策から次の課題に繋げることです。 B面はこちら
  • No.718 本当に知っているのか

    2021/03/26
    身近なものほど、身近でないかもしれません。 馴染のものほど、馴染んでいないかもしれません。 自分にとって親しいと思っているものについて、 試しに10個のクエスチョンを自問してみては。 B面はこちら
< 12 ... 37 >

ITコンサルで企業様に向けたITの活用のコンサルティングを請け負っている株式会社スパイラル研究所では、サービスを紹介するためのブログの運営を行っております。今までの経営戦略の構築、ITサポートの事例紹介をはじめ、最新のITに関する様々な情報を発信しておりますので、依頼をご検討されている方がブログをご覧いただくことでより業務内容を知っていただける内容となっております。
日々変化するお客様のご要望に柔軟な対応ができるよう、お客様が経営改善のことを第一に考え、ご要望にお応えできるよう、経営全般を改善する幅広いサービスを心掛けております。システムの構築からメンテナンスのご相談について更なるサービスの向上に努めてまいりますので、お困りの事がございましたらITコンサルで企業様のサポートを行う株式会社スパイラル研究所にご相談ください。