BLOGブログ

ITコンサルで様々な企業様をサポートしている当社代表のブログです

中小企業様向けIT活用のヒントを日替わりで綴っています

ITコンサルで様々な企業様へのサポートを行っている株式会社スパイラル研究所では、ITに関する様々な考え方やヒントをお客様に共有するためのブログを開設しております。これまでの業務経験および日々のコンサルから得られる教訓や成功談失敗談などをもとにした記事を掲載しておりますのでぜひご参考ください。
コンサルティングを初めてご利用いただくお客様でも安心してご依頼いただけるようにサービスの向上に努めていますので、お悩みや疑問などをお持ちであれば、ITコンサルを通して企業様のサポートを行う株式会社スパイラル研究所まで、まずはご相談ください。

  • No.998 動くために

    2021/12/31
    体が動く前に、心が動かなければならない。 人を動かすためには、心を動かす必要がある。 B面はこちら
  • No.997 ようやく見えてくるもの

    2021/12/30
    どんなに複雑に見えるものでも、 余計なものを抱えているものです。 それを取り除くだけでも 相当にわかりやすくなるはずです。 B面はこちら
  • No.996 個と類

    2021/12/29
    No.996 個と類 自分という個は絶対的な存在であるようでいて、 何かの類に属する相対的な存在でもある。 組織の類であり、社会の類であり、人類であり哺乳類である。 自分自身がすでに多様性を持つ、 多義的で多面的で多目的で多角的な存在なのである。 B面はこちら
  • No.995 ソー・ホワット?

    2021/12/28
    なぜなぜ分析というのが以前流行りましたが、 人に何かを説明する時には「なになに分析」が必要です。 言いたいことは何なのか。 相手にしてほしいことは何なのか。 一言で表すと何なのか。 それは結局何なのか。 突き詰めていくとなかなか難しいものです。 B面はこちら
  • No.994 目を探す

    2021/12/27
    たいていのものには目がある。 それは中心であり、急所であり、 最初に押さえるべき点であり、 本質を語っている個所である。 まずやるべきことは、 どこに目があるのかを探すことである。 B面はこちら
  • No.993 光と影

    2021/12/26
    光がなければ影もない。 しかし影がなくても光はある。 B面はこちら
  • No.992 具・法・術

    2021/12/25
    道具を揃えるべし。 使うための方法を見つけるべし。 これをひっくるめて術とすべし。 しかしもっとも重要なのは 何のための術かを理解することである。 B面はこちら
  • No.991 間に係るもの

    2021/12/24
    ふたつのものを見比べよ。 それぞれを見ることも大事だが、 さらに重要なのは、 その間がどうなっているかだ。 つまり関係性を見るということ。 B面はこちら
  • No.990 生産性の目的は

    2021/12/23
    生産性は会社や他人のためのものではなく、 自分のかけがえのない時間のためのものである。 くだらないことに時間を使わないための工夫である。 B面はこちら
  • No.989 頼れるもの

    2021/12/22
    水は命の根源でありながら、 命を奪う恐ろしさも持つ。 最も大事なものが、 最も忌むべきものになりえる。 B面はこちら
  • No.988 イメージのマネージ

    2021/12/21
    五分後を予想し、 三日後を想像し、 一カ月後をシミュレーションし、 三年後を思い描く。 B面はこちら
  • No.987 見た、考えた、動いた

    2021/12/20
    見ることはとても大事だ。 考えることもきわめて重要。 しかしそこで止まってはいけない。 手を動かし、体を動かすことだ。 そうしないと全部消え失せてしまうだろう。 B面はこちら
  • No.986 形の意味

    2021/12/19
    人間は中身である、とは当然のことですが、 中身があるにはまず容器つまり外見がなければならない。 外見とは服装やスタイルだけのことではなく、 そのものを形作っているすべての要素を指す。 B面はこちら
  • No.985 接点を探す

    2021/12/18
    他と一切交わらないものは滅多にないはずです。 (あったら存在すら知り得ないからです) 逆に言えばものには他との接点があるはずです。 そうでない部分で接しようとしてもだめなのです。 B面はこちら
  • No.984 フラットな減り張り

    2021/12/17
    情報はフラットであるべきなのと同時に、 凹凸があることも避けられません。 何を捨て、何を採り、何を伝えるか。 フラットな判断によって減り張りをつけるべし。 B面はこちら
  • No.983 順番を決める

    2021/12/16
    なにごとにも順番というものがあるが、 いつも決まっているわけではない。 必ずしも一から順に進めなくてもよい。 B面はこちら
  • No.982 三つのミル

    2021/12/15
    三つのカメラとか四つのカメラ等と言いますが、 物の見方は少なくとも3種類を使い分けるべし。 まずは自然に目を向けること。 そして目に焼き付けるように見つめること。 逆に広い観点で眺めること。 それぞれ、見る、視る、観ると言えるでしょうか。 B面はこちら
  • No.981 フラットな視点

    2021/12/14
    フラットな視点が大事とわかっていても、 なかなか難しいのは、誰でも立場があるからです。 本当にフラットに見るのであれば、 自分の立場を忘れなければならないでしょう。 B面はこちら
  • No.980 生原酒といぶし銀

    2021/12/13
    酒でも人でも建物でも、 生まれたては落ちつかず頼りなく、 時間と共に熟成して頼もしくなる。 どちらがいいかは見方次第だ。 B面はこちら
  • No.979 自分株

    2021/12/12
    自分がやるべきこと。 自分がやりたいこと。 自分ができること。 そこから自分の価値を探すべし。 それを言葉にして掲げるべし。 それを成長させてゆくべし。 B面はこちら
< 12 >

ITコンサルで企業様に向けたITの活用のコンサルティングを請け負っている株式会社スパイラル研究所では、サービスを紹介するためのブログの運営を行っております。今までの経営戦略の構築、ITサポートの事例紹介をはじめ、最新のITに関する様々な情報を発信しておりますので、依頼をご検討されている方がブログをご覧いただくことでより業務内容を知っていただける内容となっております。
日々変化するお客様のご要望に柔軟な対応ができるよう、お客様が経営改善のことを第一に考え、ご要望にお応えできるよう、経営全般を改善する幅広いサービスを心掛けております。システムの構築からメンテナンスのご相談について更なるサービスの向上に努めてまいりますので、お困りの事がございましたらITコンサルで企業様のサポートを行う株式会社スパイラル研究所にご相談ください。