BLOG

No.623 パッケージの使い方

2020/12/21

英語でpackは包むことですが、
これが名詞になればpackageで、
さらに小さくなればpacketです。
パッケージ・ソフトというものは、
固定されたひとかたまりなのであり、
カスタマイズできるものもありますが、
あまりやりすぎると却って不便なのです。
もともとの製造責任はソフト側にあり、
カスタマイズの責任は利用側にあり、
これが徐々に曖昧になりますので、
最終的には無法状態になります。
単純に製品をそのまま使えば、
機能も保守もシンプルです。


B面はこちら