BLOG

No.647 コミュニケーション1.5

2021/01/14

コミュニケーションは一方通行ではなく、
両方向性でなくてはならないはずです。
さらに言えば、行って帰ってもう一度行く、
ぐらいの往復が最低限ほしいものです。
人との会話だけでなく、
メディアから情報を得る場合でも、
メディア経由で情報を出す場合でも、
一方向の伝達だけでは、
本当に伝わったかどうかわからないし、
本当に理解できたとも言えないはずです。
であれば、
情報を発信した場合はその反響を知るべきだし、
情報を受信した場合はその反応を返す、
それがあるべき状態でしょう。


B面はこちら